MENU

札幌市内で車を高く売る方法

いざ車を売るという時には、ちょっとでも高く売れたらいいなと考えたりすると思います。
車を購入する時は、何十万、何百万といったお買い物をしたわけですから、売る段階になったら、少しでも高く売りたいと思うのは自然な考えでしょう。
乗り換えを検討している場合であれば、売りに出す車の査定額によっては、次に購入する頭金にも影響してきますので、札幌で中古車を少しでも高く売れるように、高額査定を引き出す方法について紹介していきたいと思います。

相場を自分で判断しない

「結構走っているから」「年式がずいぶん古いから」「ちょっと人気のない車だから」などなど、自分で何となくでも車の価値を判断してしまう場合がありますが、まずはじめにこの考えは一旦置いておきましょう。
というのも、車の価値は市場の需要で決まってくるものなので、過走行車や旧式の車、人気が少ない車は需要が低いだろうと思いがちですが、それでも大手買取業者数社へ見積もりを依頼してみることで、想定外の査定額が付くなんてことも多々あります。
ですので、第1のポイントは、自分で相場を判断しないということです。

 

高く買取目標を持つのであれば問題ないですが、自分の車を低く見積もってしまった場合にありがちなパターンがあります。
それは、本当であれば、まだ5万〜10万くらい買取価格を引き上げることが可能だったかも知れない場合でも、「想像以上に高い査定額が付いたので、ではそれでお願いします」と、その数万円引き上がる可能性を試さないまま手放してしまうというパターンです。

 

たとえ10万キロ走っていても、年式が古くても、思いもよらない査定額が付く可能性があります。
それこそ、最新の車や、まだ1〜2万キロしか走っていないような車でも、自分でこれくらいかなと考える金額よりも格段に高く売れる可能性がありますので、これから紹介する高額査定マニュアルを参考に、1万でも2万でも高い査定額を目指して進めてみてください。

市場の相場をリサーチする

買取相場を自分で決めないということを、はじめにお話ししました。第2のポイントは、ではその相場をどうやって調べたらいいのか、ということですが、買い替えのために車を売る予定であれば、購入を検討しているディーラーで、新たに購入する新車や中古車を見積りしてもらう時に一緒に、売りたい車の下取り価格も見積もりしてもらいましょう。
「今乗っている車を下取りに出すなら査定しましょうか?」とこちらから依頼しなくても提案される場合が多いと思いますが、ここで出てきた査定額を、ここでは市場の下限ラインとして捉えておきましょう。
というのも、データ上、ディーラーの下取り価格は、大手買取業者の買取価格に比べて低い場合がほとんどです。
メーカーのディーラーなどは、当然「新車の販売」がメインなので、中古車を買取りして中古車が売れるよりも、新車を買ってもらった方がいいわけです。
そう考えれば、中古車のラインナップを無理に揃える必要はなく、むしろ無くても困りません。
売るべき新車はたくさんラインナップされているわけですので。
それほど力を入れて販売する訳にいかない中古車を、高く買い取れるはずもなく、そのためディーラーの下取り価格は、買取業者のそれに比べて、低くなるのが一般的です。
ですので、ディーラーの下取り査定を出してもらったら、だいたいその価格が相場の下限ラインとして捉えておきましょう。

 

次に、買取業者に見積もりを依頼してみます。ディーラーが新車販売を主力としているなら、今度の買取業者は、それこそ買取した中古車販売が主力になりますので、中古車を十分にラインナップさせておかなければなりません。
品ぞろえが少なくては、お客様は選ぶことができないので、お店自体が魅力的に見えません。
なので、買取業者は、たくさん車を買取りして、店頭に色んな車を並べたいわけです。
店頭で販売している業者もあれば、インターネットで競売にかける業者もあり、または海外に輸出している業者などなど、
その販売形態はさまざまですが、いずれにしても、100円で買い取った車を、120円、150円で売ることで利益を上げている業態なので、商品である車が無くてははじまりません。
つまり、車を売りたいという人たちから、車を買い続けなくてはならず、しかもいくつもある買取業者が同じように、車を欲しがっている訳ですから、他の業者よりも買取価格が低ければ買取することが出来ません。

 

買取業者からしてみれば、100円で買い取った車を120円で売れれば、20円の利益になるわけですから、本当なら、90円で買い取りして、30円の利益になる方がいいわけです。
でも、90円で買いますと言っても、他の買取業者が95円で買いますとなれば、売り手は、当然95円で買い取ってくれる業者に売ることになるでしょうから、本音は「出来るだけ安くは買いたい」だけれど、実際は「出来るだけ安くは買いたい、でも他の業者より少しだけ高く」査定しないと買い取れないわけです。

 

この競争心理によって、買取業者の査定額は引き上がる傾向にあります。

 

ということは、第3のポイントは、1社だけに査定を依頼するのではなく、複数の業者に査定を依頼して、競合してもらうということがポイントなります。

 

今では、わざわざ自身でガリバーやカーチス、カーセブン、ラビットなどなどの、大手買取業者を回らなくても、一括査定サイトを利用すれば、大手の買取業者はじめ、札幌の地元に根付いた中古車販売業者まで、一度の登録で査定を依頼することができるので、各業者のだいたいの査定額をリアルタイムで知ることができます。

 

便利な一括査定サイト(査定は無料!)

このサービスは、ネットで売りたい車の情報を入力するだけで、電話やメールなどで概算の査定額を教えてくれるサービスです。
もちろん無料です。全国にある大手買取業者から、札幌など地方だけの業者も含めた買取店まで、複数の業者に査定依頼できるので、ネット査定の中ではトップクラスの高額査定が付きます。

 

登録段階で知ることが出来るのは、実際に車を見て査定したものではないので、概算の買取査定額です。
この時点で、登録した車に興味のある買取業者から、実際に車を見ての正式査定をさせてくださいと連絡が入りはじめます。
その車を欲しいと考える業者が多ければ多いほど、実車査定の相談連絡が来ますので、場合によっては、5社、6社くらいから連絡が来る場合があります。

 

逆に、需要の少ない車の場合、2社、または1社という場合もあります。
その車を欲しいと言ってくれる業者が多ければ多い方が、競争する相手が増えますので、買取価格は予想外に上がる傾向にあり、逆に競合する相手が少ないと、思ったほど伸びない場合もあります。
ですので、実車査定の相談連絡が入ったら、出来るだけ多くの業者に実車査定してもらうようにしてください。
実車査定、いわゆる出張査定も、もちろん無料ですし、査定してもらったから売らなくてはならないということも全然ありませんので、出来るだけ多くの業者に査定してもらいましょう。

 

但し、例えば土日休みの方が、土曜3業者、日曜3業者、といったように、時間帯を分けて実車査定をお願いすると、休みが丸々潰れてしまいますので、この場合、さらに高値が付きやすい同時査定という方法に進みます。

第4のポイントは、複数業者の査定を同日同時間に設定する

ネットでの一括査定サイト登録から始まり、買取希望の業者から連絡が入ったら、そのすべての業者の実車査定を、同じ日、同じ時間に設定することこそが、最も手間と時間をかけずに、(売り手側としては最大限の楽をして…)最も高い査定額を引き出す方法といっても過言ではありません。

 

同時査定には、一発提示型と、競争型とがあります。

 

一発提示型とは、その通り「せいの」で全業者に買取希望額を出してもらって、その中で最も高かった業者に売るという方法です。
メリットは、他の業者がいくらを提示してくるか分からないので、はじめから最大の上限買取額を提示させることが出来ます。
買取業者は、本当は他の業者の買取金額を何とか聞き出して、その金額+1,000円でも、2,000円でも高く査定し、自社で買取したい訳ですから、本当は他の業者の査定額を先に知っておきたいのが常ですが、この一発提示型では、そんな駆け引きが出来ないので、自社で買取するためには、自社で考える上限金額を提示しなくてはならず、シンプルに簡単に、各業者の上限買取金額を引き出すことができます。

 

デメリットは、とくにありませんが、しいて上げれば、その金額で満足できない場合、そこから競合させるのは難しいという点です。
各業者、一発提示というルールで最高額を提示しているはずですから、そこからの競争は見込めず、かつ最高額の業者へ売るという認識のもとに行われる方法なので、「ではまた後日連絡します」とはなかなかいきにくい状況があります。
この方法が上限買取金額を引き出せているという前提で行うので、それ以上の更新が見込めないわけですから、そこで決めてもいいと思いますが、もし、満足行かない場合に、少し検討したい場合は、競争型でも良いでしょう。

 

競争型の場合は、その通り、オークションをイメージしてもらえれば分かりやすいと思いますが、スタート価格を予め設定して、仮に10万スタートだとすると、
A社「15万!」
B社「18万!」
C社「20万!」
D社「23万!」
A社「24万!」
といったように、競争してもらう方法です。
この方法も、本当にその車を買取りしたいという業者が多ければ多いほど、金額が上がる可能性が高いので、オススメの方法です。

 

こちらもデメリットは特にありませんが、一発提示型と違って、最終的に出た査定額に対して、「今日同時査定に来れなかったE社の見積もりを聞いてから最終判断をします」と言えば、もう1ランク金額を上げることが可能になる場合もあります。
その為、当日その場で確定させる予定でなければ、競争型を始める前に、出張査定にいらしている査定士全員に、「今日、一社だけスケジュールの都合で、来れない業者が居るので、今日最も高い査定額を付けてくれた業者と、そのもう1社の査定を比較して、最終判断します」と伝えておけばいいでしょう。

 

そうは伝えても、査定士は、何とか自社で買取したい訳ですから、「今日提示させて頂いた査定額は、今日限定の査定額ですので、明日以降保証はできません」と迫ってくる査定士もいると思います。
それでも、実際はその査定額が2日、3日経ったから下がりますということは、まずありませんので、そのような交渉を言ってきても、「もう一社もぜひ査定させてくださいと言っているので、今日ここで決めることは出来ません」と切り返して大丈夫です。
「後日連絡しますので、少しだけお時間をください」と伝えて、その日はお見送りしましょう。

 

 

それに対して、何かを言ってくる業者がもしあったとしたら、お引き取り願えばいいだけです。もともと出張査定自体、必ずしも売らなくても良い訳ですし、そうした声に付き合っていると、どんどん査定士の思う壺になってしまいますので…

オマケ第5のポイント

実際にここまで進めた場合に、現時点で提示されている最高額は、ある程度今回売りたい車の上限最高ラインに近づいていると考えることができます。
ここから、更なる高みを狙う場合は、今回査定を依頼していない大手の買取業者へ、最高査定額+5万〜10万くらいの金額で、「○○万なら、そちらに買い取ってもらいます」とストレートに交渉してみると良いでしょう。
この交渉術は、イニシアチブをそちらへ預けますという方法で、今まで交渉してきた、売り手主導の方法とは異なります。
買い手がその金額を払えるならば、100%買い取りできる方法なので、響く業者には響きます。

 

その金額ではうちは無理です、と言われれば、そこから交渉するのは難しいですが、少し時間をくださいと言われた場合は、「そちらが難しければ、次に予定していた買取業者の〇〇へ電話してみます」とアローアンスを与えないことで、強気の交渉もアリかと思います。

 

上記の内容で、札幌市内で中古車を最も高く売る「高額査定マニュアル」は終了ですが、この方法が万人にとってベストな方法ではないかも知れません。
それでも、サイト管理人の私が実践して、予想以上の高額査定を引き出すことが出来た方法ですので、参考に出来る部分があれば、ぜひ試してみて頂きたいと思います。
札幌市内に限らずですが、中古車を最も高く売るためには、きっと役に立つことと思っています。

更新履歴